看護師挫折。からの~。

看護師も自由目指していいですか?

甘くないよ。ナースって。

さてさて、日々の勤務に追われる日々です。週末は検査とかイベントごとがないので、すこーしだけ楽ちんです。本日は急な入院もなかったし。

やっぱ土日の勤務は平和にやり過ごしたいものです。

わかる方にはうなづいていただけるのではないでしょうか???

ただの人から脱却

引き続きよろしくお願いいたします。

5年も通った看護学校あでぃおーす。実家にも帰ることなく、「さて、何かしなければ!」と医療系がダメなら、福祉系の仕事にありつこうと面接、面接、面接。

でも、ただの人は受からない。なので、手っ取り早く取れる資格としてヘルパー資格を取得しに出かけるのであります。ニ〇イさんで無事取得。ホームヘルパーの仕事に就くことができました。

在宅に赴く仕事的には、結構自分には合ってるなって感じで、施設の中で働くより外に出るほうが自由がきく感じで好きでした。その前に、看護学校時代の友達が務める病院で助手さんの仕事もしてみてたので、外の解放感がより感じやすかったのかも。

友達は看護師になったのに、自分は挫折したっていう妙な感じは否めなかったですけどね。

そんなこんなで、「助手さん」は辞めてヘルパーとして働いたのですが、やっぱ医療行為できないからやれることって限られますよね。そのころ、痰吸引とかもできなかったので、苦しそうなおばあちゃんのとこ行ったときは、なんもしてあげられないなーって、変な無力感もありました。

もっかいやってやるー!

再度看護学校入って看護師なってやるーっと、大きく舵を振り始めるのでした。

わたくし、もう24になっとりました。。。

金も時間もない

見切り発車で、給料いいとこの夜勤の施設介護の仕事しながら、帰ったらテキストの勉強。3年制の看護学校は現役から遠ざかっていた自分には無理かもと思い、准看の学校を受けるべく中卒レベルを勉強。大人になってからのお勉強って楽しいね。思い立って2,3か月で急スピードで願書取り寄せ、翌春再度学生になるのでした。

24歳お年頃

そのころ。。。縁があって戸籍を同じくした人がおりまして、学生しながら長男誕生。そういう時期だったのよね。お金の心配は運よく解消されたのでした。

准看時代は楽しかったです。その前の学校の先生と違って、みんなあったかい人ばかりでした。学校次第でぜーんぜん違ってくるもんですよね。周囲の人たちがどんな人たちで、自分が囲まれているかってとっても大事です。在学中に妊娠してしまいましたが、看護師なるのも、子供が欲しいっていうのも、どっちも叶えたい欲張りさんだったので2年の修業年限を3年で卒業となるのでした。

准看護師取得

すぐ高看へ進学と思いきや、そう簡単にはいかない。

受けたとこがいけなかったのかなー。。。中退した看護学校の先生がいるとこだったのであります。「どーせ、わかんないだろう」なんてタカをくくっていたら、まんまと面接で落とされるを2年されたので、違うとこも併願して無事進学成功。

あたしの1年間返せーとも思いましたが、過去の自分もよい子ではなかったので真摯に受け止めました。

残念なり

学生期間まだまだ続きやす

ひとり身ではなくなっていたので、学生しながら子育てとなるとハードル上がるー。

普通の全日制では通えんな。

というわけで、結果オーライな夜間の看護学校へと通いだすのでした。日中働いて、子供を保育所へ。夜は学校。くたくたです。今思えば、「よくやった」の一言です。

すでに28歳。

忙しさに、当時パートナーさんともすきま風。メンタルもきつくなってきた頃でしたね。

人って余裕がないと思わぬ方向へすすむものです。

”お別れ”というイベントがやってきたわけです。まぁめげずに進むのみでしたが。

救世主到来

捨てる神あれば、拾う神あり。

まんまと拾ってくれる方が現れたおかげで、何とか現状維持、学生も続行可能となりました。またまた学生期間での2児目誕生となるのですが。

周囲の協力もあり、ダブることなく卒業することができたのでした。

なったぜ、正看

色々イベント重なりまくって、あらあら31歳。

20代は寄り道しっぱなしの道のりでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました